3.皮膚科でのほくろ除去

皮膚科でほくろの除去手術を受ける場合には、たいてい保険適用内となりますので、少ない負担でほくろを取り除くことができます。ただし、手術の方法にレーザー照射を利用する場合には、保険適用外となり切開をした場合に比較すると高額な費用がかかってしまいます。また、手術の設備が整っていない病院もありますので、診察を受けた際に確認をするとよいでしょう。皮膚科以外にもほくろの除去手術を行なっている病院はたくさんあります。形成外科や美容系の病院でも手術をうけることができます。ほくろの状態や除去する方法によって適切な病院を選ぶとよいかもしれません。

ほくろの除去手術は、設備の整った皮膚科での処置でも十分な結果を得られます。しかし、ほくろが大きい場合や盛り上がっている場合には、形成外科などを選んだ方が安心かもしれません。傷口が大きくなった場合には症例数をこなしている医師の方が傷跡が残りにくいと言われています。

どこで処置を受けるのかによって費用は異なるのですが、どの病院が最もリスクが少ないかと言うことも大切な選択ポイントです。部位によっても病院の選択は必要です。症例数をこなしている医師がいる病院、術後のバックアップ体制が整っている病院など、経験者の感想や病院や医師の評価は口コミサイトなどで確認をすることができます。ほくろの除去を専門にしている医師もいます。複数のサイトを確認して情報を収集して、最小限のリスクで処置をすることが大切です。