10.電気メスでほくろ除去をする

ほくろ除去手術はほくろの状態によって方法が異なります。大きく分けると切開しなければ切除できないタイプとレーザーの照射で焼切ってしまう方法です。電気メスというのは高周波を利用してほくろを切除する方法です。外科の手術でも使用され、高周波電気治療器とも呼ばれます。皮膚細胞を浅く削除しますので、出血が少なく傷跡が残りにくいのが特徴です。

電気メスを利用したほくろ除去手術は、医師の技術力があれば切開手術では難しい部位であっても手術をすることができます。大きいほくろには適していませんが、小さいものについてはきれいに取り除くことができます。また、こめかみや眉毛の中など毛が生えている部位のほくろに適している方法です。電気メスは毛根にまで影響を与えないというのがその理由です。メラニンの様子を見ながら皮膚を切り取ることができるのですが、医師の技術が問われる方法でもあります。また、根の深いほくろの場合には1回では取り除くことが難しいというデメリットもあり、複数回の手術が必要になるでしょう。そして、あまりにも深い場合には傷跡が残ってしまうこともあります。

レーザー照射によるほくろの削除は皮膚組織の様子を確認しながら照射をコントロールすることが可能です。電気メスも同様の方法で切除できますが、さらに細かいコントロールをすることが可能です。そのため、手術の結果は医師の技量によって左右されてしまうこともあります。