1.ほくろ除去手術の費用について

ほくろ除去の手術をした後には、患部の保護が必要です。縫合をした場合には抜糸までの間、傷口にガーゼやテープを使用します。たとえば、根の深いほくろの場合には、くりぬかなければ患部を除去することができません。そのため患部はしばらく陥没した状態となります。患部が盛り上がって正常な皮膚となるまでの間、患部を乾燥させないことが必要となるのです。

傷口を保護しないでいると、皮膚が凹んだままの状態となってしまうのです。ですから、テープとガーゼによる保護は必ず必要です。ガーゼが傷の保護をし、テープによって覆うことで乾燥を防ぐことができるのです。また、細菌による感染を防ぐ効果もあります。

くりぬき法を行なった場合、テープで保護が必要な期間は約1ヶ月前後です。この期間は人によって異なります。早い人では10日前後でテープを剥がせることもあります。洗顔は保護テープを貼ったままおこないます。洗顔によって外れてしまった場合には、傷口に触れないように注意します。この時気を付けるのは、決してこすらないことです。もし、石鹸分がついてしまったら水でしっかりと洗い流しましょう。その後、清潔なタオルで水分を吸い取って、再び保護テープを貼っておけば問題はありません。予備のテープは病院で貰うことができます。自然に剥がれてしまった場合も新しいテープを貼って患部を保護します。テープは自己判断ではずさず、医師の診断を受けましょう。